.

自動車の事故に巻き込まれた状況で自身が被害者であっても向こう側が責任をこれっぽちも納得しない状況は存在します。

仮定として、意識的に起したのではなく注意散漫で乗用車を追突した場面などに、そういった押し問答に発展する状況がありえます。

例えそうであっても現場で車だけの物損処理され後で自覚症状が出てから、通院した病院の証拠書類を警察に提出するというのは後手後手に回るのは仕方がなくなってしまいます。

それならば、車での事故の過失割合の決定にはどういう目安が設けられているのでしょうか。

細かく言いますと警察が結論付けるのは、主として車の事故の原因が認識されるのはどちらの車かという事でありどちらに何割過失があるのかというわけではありません。

さらに言えば、決定された事故の過失者が警察から明確にされる事はケースは有り得ないです。

割合は事故にあった両者の相談の結果で決定されたその結果が自動車事故の賠償のベースになる訳です。

その場合に、双方共に任意に加入する自動車保険に入っていない場合には、お互いがじかに話し合いします。

しかし、当然ながらこのやり方では、短絡的な言い合いになる可能性が存在します。

その上、お互いの言い分に差があれば万一の場合、裁判所にまでなりますが、この場合大切な時間とお金のかなり大きな無駄は避けられません。

そこで多くの場合、それぞれの運転手についている保険会社、そのようにお互いの会社に調整を全て任せる方法を利用して、相応しい過失割合を冷静に決定させるのです。

そういった際には自動車保険会社はそれ以前の自動車事故の裁判によって導きだされた結果から算出した判断基準、判例集を元に予想と相談によって「過失割合」を決定します。

と言っても、自動車での事故においては、不幸にも関わってしまったのか起こしたのかに関わらず最初に警察に電話するのが原則です。

その上で保険会社に連絡をしてこれからの調整を任せるのが手順になります。

状況に応じた仕組みさえ把握しておけば、お互いの不毛なやり取りとなる状態を回避できるに違いないのです。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.espiralfmpamplona.com All Rights Reserved.