.

車を買い取ってもらう時、そして中古車の売買の時も印鑑証明というものが必要です。それではこの印鑑証明に関して解説していきます。印鑑証明という書類はある印鑑が実印で間違いないということを証明する書類です。これがない場合にはその印鑑が実印として認められているということが実証できません。大金が動く取引になる自動車の売買のため、実印が必要になることになりますがそれと一緒に印鑑証明というものが必要となるのです。印鑑証明を発行するには、事前に印鑑証明をしておかなければなりません。印鑑証明書に登録する印鑑は正式には実印と呼ばれ、この世に一つだけの判子であることが条件です。この印鑑を準備して、自分が住む市町村役場の窓口に行けば、印鑑登録をすることができます。手続きが済むと印鑑登録カードなるものが発行され登録した印鑑は実印として認められたということになります。印鑑証明、正確には印鑑登録証明書を交付してもらうには役場の担当部署で印鑑登録証明書交付申請書という書類に必要項目を記載して、印鑑登録カードを持参するだけでできます。他にも、自動交付機で印鑑証明の書類を発行してもらうことができます。印鑑証明そのものには期限切れなどはないのです。ですので、いつの印鑑証明でも証明書としての効力はあるということになります。しかし中古車買い取りの際には必要になるのは3ヶ月以内に発行されたものでなければ無効になります。通常は有効期限の定めはないのですが自動車買取時には、店側が有効期限を設定していますので、もし所有車の売却を考えている場合は、売却前に用意しておくことが望ましいです。

Copyright (c) 2000 www.espiralfmpamplona.com All Rights Reserved.