.

車を手放す際、そして売却の際も印鑑証明書が必要になります。この印鑑証明について説明しましょう。印鑑証明というのはある印鑑が実印として認められていることを裏付けるための正式な書類です。印鑑証明がない場合にはその印鑑が実印であることがわかりません。決して小さくない商談になる自動車の買い取りですから、必然的に実印が必要になりますが、その時にこの印鑑証明も必要となるのです。役所で印鑑証明を実際に発行するためにはまず印鑑証明しなければなりません。印鑑証明書に登録する印は実印と呼ばれていて、この世に一つだけの印鑑である必要があります。この実印を持ってお近くの市町村役場の受付へ出向けば印鑑登録できます。印鑑登録の手続きをすれば印鑑登録カードというものが発行され、登録が完了したはんこは実印になったということになります。印鑑証明、正確には印鑑登録証明書を発行してもらうためには、役場の窓口で、印鑑登録証明書交付申請書に必要事項を埋めて、印鑑登録カードを持参するだけで大丈夫です。さらに自動交付機で印鑑証明書を交付することができます。印鑑証明には有効期限などはありません。ですからどんなに前の印鑑証明であってもその効力は持続するのです。しかし、車買い取りの時は、効力のある印鑑証明は三ヶ月以内に交付されたものとされています。ほとんどのケースで有効期限などはありませんがクルマ買い取りのときには買取先が必須となる有効期限を定めていますのでもし買い取りを検討しているのであれば事前に持っておく必要があります。

Copyright (c) 2000 www.espiralfmpamplona.com All Rights Reserved.