.

雑誌の折込チラシ、ゴシップ新聞、電柱に貼られた宣伝や郵便広告で、「債務の整頓やります」「多重借金を集約したいと思ったら」という売り言葉を見かけることがよくあります。こういったものは、「整理人」「買取専門屋」「紹介業者」という通称の業者のだまし広告のケースもあるということなのです。これらを申し込んだ場合には破産申請の中で免責承認を受けられない危険性もありえます。「整頓業者」というのは広告などで多重負債者を寄せ集め、法外な依頼料を請求して債務整理をしますが本当は借金整理は行われないで、借金者は一層の負債スパイラルにはまる失敗がほぼすべてと言えます。「買取業」というのは、負債人のクレジットでデジタル用品、チケットを大量に購入させ負債人からそういった商品を値段の3割もしくは半分で買取るという手口をとっています。依頼者は小金が得られますが、いずれクレジット業者経由の購入品の定額の督促がくることになり、負債額を増やす結果になります。クレジットカード企業に対しての詐欺行為として免責許諾を受けられません。「紹介業者」というのは、有名な金融業者から貸してもらえなくなった負債者に対し直接の貸出はせずに、貸出をする異なる企業を教えて、費用を要求する企業です。紹介人は自らのつなぎで貸出が受けられたかのように解説しますが、現実は何もしておらず種は簡単でルールの甘めの会社を分かっているだけなのです。この場合でも現実には負債額を拡大させることとなります。

Copyright (c) 2000 www.espiralfmpamplona.com All Rights Reserved.